腰痛治療大辞典【病院で教えない腰の痛みの原因】

腰痛治療大辞典【病院で教えない腰の痛みの原因】

腰痛治療大辞典 > 仰向けと腰痛 ← 現在のページ

仰向けは腰痛が出づらい寝方なので、痛みが出る時は本当の原因を対処する

仰向けで腰痛が出る場合は、症状が進行しているケースが多く見られます。こちらでは、仰向けで寝ると腰が痛む原因と、その改善法についてお伝えします。

腰痛に良い寝方を知りたい場合は、腰痛は寝方で予防!腰に良いのは仰向け・うつ伏せ・横向き?で詳しく説明していますので、そちらを参考にしてみてください。

仰向けになると腰の痛みが出る原因

うつ伏せや横向きの寝方と比較した場合、仰向けは腰痛改善に最も適した、負担の少ない寝方になります。

しかし実際は、『仰向けで寝ると腰が痛い』『寝起きがつらい』という方が、私の整体院にも多く来院されています。

それは、以下の理由が考えられます。

仰向けで引き起こされる腰痛の4大症状

『仰向けで寝ると腰が痛い』と言った場合、症状の出方を分類しますと、4つに分けることができます。

  1. 仰向けで寝た直後は痛いが徐々に慣れる
  2. 仰向けで寝た瞬間からずっと腰が痛い
  3. 仰向けでも痛いが、横向きになっても痛い
  4. 寝ている時よりも、寝起きに腰が痛む

まずは、これらの4つの分類について、もう少し詳しく説明していきます。

仰向けで起こる4大腰痛症状の7つの原因

先ほどお話した4つの症状の出方は、さらに7つの原因に分類することができます。


1. 仰向けで寝た直後は痛いが徐々に慣れる

仰向けで寝た時は痛みを感じても、数分で痛みも減るような場合は、『軽症の猫背型』もしくは『軽症の反り腰型』が原因となっているケースが多くなります。

『猫背型』と『反り腰型』は、説明のために私が作った言葉ですが、腰部分が猫背になってしまう『腰猫背』が猫背型で 逆に腰が反りすぎてしまう状態が『反り腰型』を指します。


2. 仰向けで寝た瞬間からずっと腰が痛い

仰向けで、寝始めからずっと腰が痛い場合や、寝ていると段々と腰痛が出てくる場合は、『重症の猫背型』もしくは『重症の反り腰型が多くなります。

軽症の猫背型・反り腰型が痛みを引き起こす原因は、『筋肉のコリが強く、背骨や骨盤などが動きづらくなった状態』にあります。

重症の原因は、猫背型・反り腰型ともに『軽症をさらに悪化させた症状』になります。

具体的には、『筋肉のコリが非常に強く、それが影響して背骨や骨盤などの関節(骨と骨の連結部分)が動かなくなったり、歪みが起こったりする状態』になります。


3. 仰向けでも痛いが、横向きになっても痛い

仰向けでも、横向きになっても腰が痛い場合は、『神経痛型』もしくは『内臓疾患型のケースが多くなります。

神経痛型は、横向きで寝る時に『右向きで寝ると痛いけど左向きは少し楽』だったり、 寝返りや立ち上がりなどの動作で腰痛が強くなる、歩いていると痺れが出るなどの症状が見られます。

痛みの原因としては、腰の背骨と背骨(腰椎)の間にある椎間板が、神経を圧迫する『椎間板ヘルニア』による坐骨神経痛(腰からお尻に痛みや痺れが出る。太ももやふくらはぎに出る場合も)があります。

内臓疾患が原因になる場合は、動作と痛みはあまり関係がなく、仰向けや横向きでも腰痛が一定の強さで続くケースも多いため、症状の判断が難しくなります。


4. 寝ている時よりも、寝起きに腰が痛む

寝方に関係なく、寝起きに腰が痛む場合は、猫背型・反り腰型・神経痛型などの複合型であったり、『寝返り不全型』が原因になると考えられます。

寝た姿勢から起き上がるときは、腰の筋肉や関節が動くため、猫背型・反り腰型・神経痛型では腰痛が出るケースも多くなります。

他にも、寝ている間に寝返りが少ない『寝返り不全型』も、寝起きに腰痛が出やすくなります。

寝返りが少ないことで寝起きに腰痛が出やすくなる理由は4つあり、病気が関係する場合もあります。

詳しくは腰痛で寝返りが少ない時にまず改善すべき4つの原因でお伝えしています。

仰向けで出る腰痛を改善する方法

軽症の猫背型や反り腰型を改善するためには、マッサージやストレッチなどで筋肉を緩める、お風呂などで血行を良くする、悪い姿勢や癖を見つけて腰に掛かる負担を減らすことが大切です。

また、ご自身の腰痛が『猫背型』なのか『反り腰型』なのかを理解することも重要になってきます。

次のページでは、あなたの腰痛が『猫背型』か『反り腰型』かの見分け方や、それらをどのように対処すれば腰痛が改善するかについて、詳しくお伝えしたいと思います。


↑ ページの一番上に戻る

【次】腰痛の原因が『猫背』か『反り腰』かを見分ける方法