サイトマップ(ページ一覧)

ページ一覧

腰痛治療大辞典【病院で教えない腰の痛みの原因】 2018年版(当サイトのトップページ)
腰痛治療の専門家が、【改善法やストレッチ】【腰の痛みを起こす姿勢や寝方】など、病院では教えてくれない本当の腰痛の原因・症状を初公開します。
ぎっくり腰とは? 痛みの原因と症状の治し方
ぎっくり腰とはどういう原因で起こり、どのような症状が出るのか?腰痛の専門家がぎっくり腰について詳しく説明します。
腰痛と子供の抱っこや育児
腰痛は子供の抱っこも原因になります。子供の抱っこの際の痛み防止と対策法をお話します。
骨盤のゆがみと足を組む姿勢が腰痛を引き起こす
骨盤のゆがみは足を組む姿勢が1つの原因です。腰痛と骨盤のゆがみは関係が深いので説明します。
前かがみや中腰で腰痛になる理由
前かがみや中腰は腰痛の原因です。筋肉に負担のかかる前かがみや中腰の構造をお話します。
腰痛と車のシート・椅子
腰痛は椅子やシートが原因になります。車の運転や座り仕事が原因の腰痛について説明します。
パソコンの椅子が腰痛を招く理由
パソコンの椅子は座り方次第で腰に大きな負担が掛かります。パソコン仕事は椅子選びが重要です。
背もたれのない椅子が腰痛の原因になる理由
椅子の背もたれは腰痛と関係します。背もたれの無い椅子が痛みを起こす理由について説明します。
座る姿勢が腰痛を引き起こしている現代社会
腰痛は座る姿勢が原因!なぜ現代社会では座る姿勢が腰痛の1番の原因になっているのか説明します。
筋肉が腰痛の原因となる姿勢や症状
腰痛は筋肉が原因の症状も多く、悪化すると骨のゆがみや手足のしびれが出るのも筋肉症状の特徴です。
お姉さん座りが腰痛と骨盤のゆがみを作る理由
お姉さん座りは骨盤のゆがみの原因になり、骨盤のゆがみが腰痛を起こすメカニズムを説明します。
長座は腰痛予防ストレッチの姿勢ですが実は腰に悪い
長座で前屈するストレッチは腰痛体操の1つですが、その態勢や長座が腰に悪い理由を説明します。
腰痛と内臓疾患や癌などの病気を症状から見分ける方法
腰痛の原因が『内臓の病気』か『筋肉や骨格の歪み』かを見分ける方法についてお伝えしています。簡単な4つの見分け方をお話していますので、ぜひ参考にしてみてください。
正座が腰痛を起こす理由は他の座る姿勢と異なる
正座が腰痛の原因となる場合、あぐらなどで床に座る場合と逆の理由で腰痛が起こりやすくなる。
女の子座りが腰痛と股関節のゆがみを起こす理由
女の子座りが腰痛や股関節に負担をかける理由を、ゆがみのでき方からお話します。
腰痛の悪化は座り方やこんな姿勢が原因!
腰痛の悪化は座り方が大きな原因です。なぜ座り方の悪化が腰痛に関係するか説明します。
椅子が腰痛を招く理由は、椅子の構造にあった!
椅子は腰痛の原因です。椅子の構造が腰に負担をかける理由について説明します。
ソファーで腰痛が出る場合の2つの原因
ソファーは腰痛の原因になると言われますが、必ずしもソファーが腰痛を招くとは言えません。
ぎっくり腰には3つの症状・痛みの出方がある
ぎっくり腰の症状について。3つに分類できるぎっくり腰の痛みの出方を、症状・原因別に詳しくをお話します。
おすすめの正座椅子
おすすめの正座用の座椅子です。正座の姿勢は腰に負担が掛かりやすいので、腰痛防止の座椅子をおすすめします。
動き始めに出る腰痛症状
腰痛の症状が、寝起きの動作・車の乗り降り・椅子から立ち上がるなどの動き始めに気になるということは、腰の痛みとしては悪い状態になります。
ぎっくり腰と炎症(腫れと熱)
ぎっくり腰の炎症と熱の原因や症状と、筋肉や関節に及ぼす二次的被害などについてお話します。
ぎっくり腰と腰痛の違い
ぎっくり腰と腰痛の違いについて、筋肉の痛みや熱の出方などの原因症状を詳しくお話します。
繰り返すぎっくり腰
繰り返すぎっくり腰の癖の原因や予防方法について、実際の話を混ぜて説明します。
ぎっくり腰の治し方
ぎっくり腰の治し方について。病院に行けない場合の応急処置や対処法、改善後の予防法をお教えします。
ぎっくり腰の治療
ぎっくり腰の治療について。病院の『保険診療』や『自費治療』などの治し方についてお話します。
ぎっくり腰の原因
ぎっくり腰の原因はいくつかあり、それぞれの条件が重なると症状として出やすくなります。
腰椎捻挫とぎっくり腰
ぎっくり腰と腰椎捻挫の違いについて、背骨などの人体の構造から筋肉の症状まで説明します。
オフィスの椅子とクッション
オフィスの椅子にクッションを合わせるやり方を、椅子の背もたれやクッション性を例に挙げて説明します。
腰痛の方がマットレスの変更を最優先すべき理由
マットレスや敷き布団などの寝具の変更が腰痛予防には最も優先すべきことだと考えています。その理由についてお話したいと思います。
あぐらの姿勢が腰痛を招く理由とそれを予防する方法
姿勢が腰痛の原因になる場合が多いですが、あぐらもその1つになります。それらの理由と予防法についてこちらでは説明します。
腰痛専門家がおすすめするパソコン椅子
おすすめのパソコン椅子のご紹介です。長時間のデスクワークで肩こりや腰痛が気になる方に、専門家の私が実際に使っている物をご紹介します。
車の運転中の腰痛をクッションや座布団で予防
車の運転で使える腰痛予防クッションや座布団を、おすすめの理由や姿勢も含めてくわしく説明します。
腰痛予防クッションでおすすめ出来る2つ
腰痛をクッションで防止する際、椅子の構造により座布団と背もたれ型のクッションがあるので説明します。
睡眠の質を改善することで腰痛予防につながる
睡眠と腰痛は密接な関係があります。睡眠の質が下がる事で体にかかる負担について説明します。
睡眠環境の改善で腰痛を防止する方法【敷き布団・マットレス編】
睡眠の質を上げる事が腰痛改善には大切です。睡眠の質を上げる3つのポイントをお話します。
美姿勢座椅子をおすすめする理由
おすすめする美姿勢座椅子は、腰痛防止と改善効果の2つが期待できます。今回はその改善効果について、健康器具としても使える美姿勢座椅子の良い部分を紹介したいと思います。
コタツが腰痛になりやすい理由と座椅子での軽減法
コタツは腰痛の原因です。腰痛防止のためには、コタツで座椅子を使って姿勢を調整する必要があります。
医学的根拠と診断・治療法について
腰痛治療大辞典【病院で教えない腰の痛みの原因】は、最新の医学で推奨される治療法や診断法に沿って説明を行っています。また、西洋医学だけではなく東洋医学の側面からも詳しく説明しています。
腰椎椎間板ヘルニアの男女差と年齢
腰椎の椎間板ヘルニアの男女差と、症状が起こりやすい年齢、神経の圧迫が多い部分などを説明します。海外の人と日本人を対象にした研究では少し異なる部分があります。
椎間板ヘルニアの種類(ヘルニアの出方)
椎間板ヘルニアは出方によって種類があり、痛みやしびれの出方や症状の改善度合いも異なります。手術をする前に知っておきたい情報をお伝えします。
椎間板ヘルニアで重要なSLRテスト
椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の検査にSLRテストがあります。SLRテストによる症状や原因の判定度合いなど、実際はどれくらいの正確さがあるのかについて医学論文を交えて説明します。
椎間板ヘルニアの症状
腰椎の椎間板ヘルニアの症状について分かりやすく説明します。圧迫される部位によって違う足のしびれや痛みなど、坐骨神経痛の症状も細かくお話しています。
腰痛を椅子で予防する際におすすめする2つの条件
腰痛予防におすすめする椅子の条件は2つあります。パソコンチェアーなどを選ぶ前にぜひ参考にしてみてください。
外側性・内側性ヘルニアを見分ける体操
椎間板ヘルニアは内側性と外側性に大きく分けることができ、それらを見分けるための体操があります。こちらでは坐骨神経痛側弯も含めて説明しています。
椎間板ヘルニアの症状を見分ける体操
椎間板ヘルニアの症状にもいくつかの出方があり、原因によってはいくつかの種類に分けられます。それらの原因や症状を簡単な体操によって判定する方法についてお伝えします。
腰痛防止に『最も向いた座椅子』のおすすめの使い方
腰痛の方におすすめの座椅子を紹介します。床に座る姿勢は腰に悪い姿勢が多いので、負担を減らすための工夫が必要になります。今回はそのことについてお話します。
大腿神経痛を見分ける体操
椎間板ヘルニアで大腿神経痛が起こった際の検査法は自分ひとりでもできます。体操の延長で出来ますので太ももの前側に痛みや違和感がある方はお試しください。
椎間板ヘルニアの種類(脱出・突出の方向)
椎間板ヘルニアは、ヘルニアが出る方向で3種類に分けられます。種類により圧迫する神経の場所が異なりますので、それらについて詳しく説明します。
椎間板ヘルニアは遺伝も大きな原因
椎間板ヘルニアは遺伝が1つの大きな原因になります。親子や一卵性双生児における症状の発生や手術の割合などについても、医学論文を交えて詳しくお伝えします。
椎間板ヘルニアの原因【運動や仕事との関係】
腰椎の椎間板ヘルニアの原因はさまざまあり、運動や喫煙、仕事などについても過去に研究がされています。それらの内容を分かりやすく説明しています。
力仕事や運転でヘルニアは3倍起こる?
椎間板ヘルニアは力仕事や運転、中腰や子供の抱っこなどで起こりやすいと言われています。さまざまあるヘルニアの原因の1つとして参考にして頂ければ幸いです。
腰痛がない人の64%の椎間板にダメージ
腰痛を感じない人で、椎間板の異常がない人は3人に1人しかいません。そういう人たちの椎間板ヘルニアや背骨の病気についての研究結果をお伝えします。
座り方や寝方で出る腰痛
腰痛は座り方や寝方が原因と言っても過言ではありません。普段意識しない姿勢が腰痛を起こしやすいので、寝方や座り方についてご説明します。
坐骨神経痛の痛みは筋肉が原因
腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛(お尻や足の痛み・しびれ)の痛みの原因が何かを研究した論文があります。筋肉と皮膚感覚の異常を比較した、坐骨神経痛の原因についてお伝えします。
椎間板ヘルニアの症状を引き起こす原因
椎間板ヘルニアと診断されても、坐骨神経痛などの症状が出ない場合も多くあります。こちらでは、ヘルニアで痛みを引き起こす原因について詳しく説明します。
年齢によるヘルニアの原因と違い
椎間板ヘルニアは生まれつきの変形が関係する場合もありますし、年齢と共に原因が変わってくるので、個人差はもちろんありますが症状にも違いが出ると言われています。
椎間板ヘルニアとは?
腰椎の椎間板ヘルニアを基礎からわかりやすく!日本整形外科学会の最新の治療・診断方法を踏まえて、腰痛や足の痛み(坐骨神経痛)との関連も、一般の方に向けてくわしく説明します。
馬尾神経症候群とは?
人の馬尾神経症候群は、失禁などの症状が生涯残る人もいます。当サイトでは『症状』と『原因』、『治療法』や『後遺症』について、馬尾症候群をしっかりと説明します。
脊髄損傷の原因と症状
脊髄は脳から出て、背骨の中の空洞を首・背中・腰と足に向かって通ります。その脊髄が損傷される原因や症状について、腰椎の椎間板ヘルニアなどを交えてを説明します。
椎間板ヘルニアで痛みが出る人の特徴
椎間板ヘルニアの痛みは、出る人と出ない人がいます。腰痛のない多くの方にヘルニアは見つかりますが、症状の出ている人との違いや坐骨神経痛の原因などについてもお伝えします。
整体の選び方は手術を受ける病院と同じくらい慎重に
手術を受ける病院と同じくらい慎重に、整体の選び方は重要になります。椎間板ヘルニアなどの悪い症状になればなるほど治療のリスクは上がります。リスクを避け改善率を上げるための方法をお伝えします。
椎間板ヘルニアの治療
椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛の『最も効率的で最短な治療法』をお伝えします。整形外科やペインクリニック、整体やマッサージなど、症状に合わせてどのような治療を受ければ良いかまとめてあります。
椎間板ヘルニアにおける牽引治療の効果
病院や整骨院などで行われる牽引治療が、本当に椎間板ヘルニアに効果的なのかについてお話します。牽引についてはさまざまな研究が行われ、医学論文が発表されていますので、そちらを参考にお伝えしています。
椎間板ヘルニアと整骨院の治療
整骨院での椎間板ヘルニア治療をおすすめしない理由をお話します。整形外科や整体などとの違いを含めた、整骨院や接骨院を取りまく現状と、ヘルニアの治療方法について詳しくお伝えします。
椎間板ヘルニアと整体の治療
現役の整体師で治療歴約20年の私が、椎間板ヘルニアに対する整体の効果についてお話したいと思います。
ぎっくり腰は癖になる
ぎっくり腰が癖になったり繰り返すと言われる理由について、原因や症状からお話します。
腰痛の痛み方は大きく3つの原因に分けられる
腰痛は痛みの出方で症状が異なりますが、痛みの原因自体は大きく分けると3つしかありません。こちらのページでは、それらについて詳しく説明します。
おすすめのマットレス・布団
私がおすすめのマットレスや敷き布団を、腰痛の予防と対策の観点からご紹介します。
床に座る姿勢はすべて腰痛の原因になる!
腰痛は姿勢の悪さが1番の原因ですが、床に座る態勢はすべて腰に負担が掛かります。それらの理由について詳しくお伝えします。
腰痛や腹痛の原因は筋肉・内臓・病気の3つ
腰痛の原因は筋肉・内臓・病気の3つが考えられます。また、それにより腹痛が起こる場合もあり、症状を紛らわしくします。こちらでは、それらについて説明します。
朝・寝起きに腰痛が出る、知っておくべき4つの原因
朝や寝起きの腰痛は症状の悪化を示す大きな特徴です。今回はそれらの知っておくべき4つの原因についてお話します。
車のシートで腰痛対策をする時の4つのポイント
車のシートで腰痛対策をする場合、気をつけるべきポイントが4つあります。今日から使える知識を今回はお伝えしたいと思います。
相互リンク
腰痛治療大辞典の相互リンクについて。基本的にはサイトに関連のあるホームページのみを掲載しております。
腰痛が右側・左側に出る場合
内臓の病気で腰痛が出る場合は、中心に出ることもありますが左右に出ることが多く見られます。その理由についてお伝えしたいと思います。
腰痛が腎臓の病気で起こる時の原因と、症状の場所は?
腎臓の病気で腰や背中の痛みが出る症状について説明しています。筋肉や関節が原因の腰痛と見分ける方法についてもお話していますので、腎臓の機能低下が気になる場合はぜひご覧ください。
横向きの寝方が腰痛やぎっくり腰を悪化させる3つの原因
腰痛やぎっくり腰を繰り返す場合、横向きの寝方が習慣になっていたら注意が必要です。『横向き』が痛みの悪化を招く3つの原因について、こちらでは詳しく説明しています。
うつぶせが腰痛の原因になる2つの理由と対処方法
『うつぶせになると腰が痛い』という場合は、何が原因で腰痛が出て、どのような対処法をすれば改善につながるかを、こちらではお伝えしていきます。
体育座りは腰痛になりやすい座り方No.1
体育座り(三角座り)が腰痛の原因で、床に座る姿勢ワースト1の理由をお伝えします。また、『椅子の上で体育座り』という悪しき習慣のダメージについてもお話しています。
仰向けが腰痛を引き起こす7つの原因と改善法
仰向けで腰痛が出る場合は反り腰だけではなく、7つの原因が考えられます。それらを1つずつご紹介しながら、改善法と対処法について専門家がお伝えします。
仰向けも横向きも腰が痛む時は内臓の病気に注意が必要
内臓の病気が関係する腰痛についてお話しています。寝返りや立ち上がりなどの動作の変化や、仰向けや横向きなど寝方で腰の痛みが変わらない場合は、注意が必要になります。
股関節が原因の坐骨神経痛の症状を徹底的に解説します
股関節が原因の坐骨神経痛や、筋肉のコリや骨盤の歪みによる坐骨神経の圧迫など、症状の原因から改善法まで、教科書に載っていないこともすべてお伝えしています。
椎間板ヘルニアの寝方による痛みと、寝ている時の症状
椎間板ヘルニアは、寝方によって症状が異なりやすいのが特徴です。こちらでは、腰や足の痛みの改善方法や、激痛でどうしようもない時の対処法についてお伝えしています。
反り腰が腰痛の原因なら寝方や座り方で痛みを改善する
腰痛の原因である反り腰について、症状に関係する姿勢から改善方法までお伝えしています。漠然と腰痛対策をするよりも、ご自身の骨格に合う対処法を選んだほうが、腰の痛みも早く減らすことができます。
猫背が腰痛の原因になる理由と、間違った寝方や座り方
腰痛と猫背の関係を徹底的に説明しています。猫背によって腰が痛くなる原因や、姿勢や対処法まで、教科書に載っていない腰猫背のすべてを網羅した内容をお伝えしています。
腰痛の原因が『猫背』か『反り腰』かを見分ける方法
腰痛は猫背と反り腰で対処法が逆になることが多いため、まず初めにご自身の骨格を知る必要があります。こちらでは、腰痛改善の第一歩として、ご自身の腰の状態の見分け方をお伝えしています。
腰痛は寝方で予防!腰に良いのは仰向け・うつ伏せ・横向き?
腰痛予防に『寝方が最も大切』な理由は、日本人が平均7時間も『寝る姿勢』を取っているためです。悪い寝方を長年積み重ねることで腰の痛みは少しずつ悪化しますので、こちらでは腰に良い寝方をお伝えします。
腰痛で寝返りが打てない4つの原因と痛みの改善法
腰痛で『寝返りを打てない』『寝返りが痛い』などの改善法についてお伝えします。症状の原因から、寝返りがしやすいマットレスなどの対処法についてもお話していきます。