腰痛治療大辞典【病院で教えない腰の痛みの原因】

腰痛治療大辞典【病院で教えない腰の痛みの原因】

腰痛治療大辞典 > 寝方と腰痛 ← 現在のページ

仰向けは腰痛軽減に向く寝方

『仰向けの腰痛軽減』の要点

  • 仰向けは最も腰に負担の少ない寝方
  • 強い腰痛がある時は横向きの方が良い
  • 仰向けはゆがみが起きにくい

『腰痛と寝方』の3回目です。1回目は横向きの注意点を、前回はうつぶせの寝方と腰痛についてお伝えしましたが、今回は仰向け(あおむけ)と腰痛の関係についてお話しようと思います。


腰痛と寝方3 仰向け(あおむけ)

ぎっくり腰や手足のしびれなどの強い痛みがないのでしたら、仰向けが最も腰に負担の少ない寝方だと言えます。まずは、仰向けの特徴を3つ挙げたいと思います。


仰向け(あおむけ)の寝方の特徴

  • うつぶせや横向きと違いゆがみが起きにくい
  • ぎっくり腰などの強い痛みがある時は避けるべき
  • 寝方の中で椎間板に掛かる負担が最も少ない

うつぶせや横向きの寝方と違いゆがみが起きにくい

うつぶせは『顔が左右に向く』と『腰が反りすぎる』の2つで、横向きの場合は『下にした肩がつぶされる事』で体にゆがみが起こりますが、仰向けはゆがみが起きにくく、体に掛かる負担の少ない寝方になります。


ぎっくり腰などの強い痛みがある時は避けるべき

椎間板(背骨と背骨の間にあるクッション部分)を傷めた症状は腰を伸ばせず前かがみ(ひどい場合は腰が『くの字』に曲がる)になるため、横向きになって体を丸めた姿勢が1番痛みの出にくい寝方になります。

ぎっくり腰は筋肉と同時に椎間板を傷めるケースがあるので、うつぶせはもちろん、仰向けも避けた方が安心だと言えます。


寝方の中で椎間板に掛かる負担が最も少ない

ぎっくり腰などの強い痛みがある程度まで落ち着いてきたら、あお向けの寝方に切り替えた方が腰に掛かる負担は少なくなります。

椎間板や筋肉を傷めている時は横向きの方が痛みは出にくいのですが、本来は『椎間板に掛かる負担』は横向きよりも仰向けの方が小さいので、普段の寝方としては仰向けが腰痛予防としては1番効果の高い寝方になります。


仰向け(あおむけ)で寝ると腰が痛い

仰向けで寝る時だけ腰痛が気になるという方は、マットレスや敷き布団が合っていないのも原因の1つだと思います。よろしければおすすめのマットレスや敷き布団も参考にしてみて下さい。


↑ ページの一番上に戻る

【次】睡眠と腰痛の症状