腰痛治療大辞典【病院で教えない腰の痛みの原因】

腰痛治療大辞典【病院で教えない腰の痛みの原因】

腰痛治療大辞典 > 内臓と腰痛 ← 現在のページ

腰の痛みが筋肉か内臓かの見極め方

『腰痛の原因を見分ける方法』の要点

  • 内臓機能の低下で腰痛が出ることも
  • 腰痛が内臓か筋肉か見分ける4つの方法

内臓の病気の腰痛は体の右側・左側に痛みが出る?のページでもお話しましたが、病院で検査を受けて内臓の数値に異常がなくても、内臓の機能低下が関係していそうな腰痛症状の方は、私の治療経験上少なくありません。


一時的な内臓機能の低下による腰痛

漢方で言う『未病』という状態ですが、睡眠不足や働き過ぎ、暴飲暴食や季節の変わり目などが原因となり、一時的に内臓機能が低下して腰痛が出る事もあります。

内臓機能の一時的な低下は、いつもより多めに睡眠を取ったり生活習慣を改めることで、内臓の機能低下を慢性化させない事が大切です。


そこで、腰痛の原因が内臓の病気か筋肉か見分ける方法を、4つほどご紹介させて頂きます。

『動作で痛みが変化するか確認する』、『直接押してみる』、『どういう時に痛みが出るか確認する』、『内臓の病気や機能低下と照らし合わせる』の4つになりますが、これらを1つ1つお話したいと思います。


1、動作で痛みが変化するか確認する

筋肉が原因の腰痛の場合、前屈や後屈、側屈や回旋の動作で腰に痛みが出やすく、内臓の病気が原因の腰痛の場合は、これらの動作では痛みはあまり出ません(ストレッチの時のような筋肉が伸ばされる感覚があっても正常です)

また、動作によっては『傷んでいる内臓自体が圧迫されたり伸ばされたりして痛みが出る事』もありますが、特定の動作を除けば、運動によって腰の痛みが出る場合は筋肉が原因の腰痛だと考えられます。

なので、横向きで寝ている姿勢のように、筋肉をあまり使わない安静時(長時間の座る姿勢は筋肉を使っていないようで『筋肉が腰をずっと支えて緊張している状態』にあるので安静とは考えません)に腰へ痛みが出る場合や、何をしても・何もしなくてもずっと腰に痛みや違和感があるような場合などは、筋肉ではなく内臓の病気や機能低下が考えられます。


2、直接押してみる

肝臓や胃・腸に関しては、仰向けに寝て自分の手で押して確認する事も可能です(写真のように両膝を立てると腹筋が緩むので押しやすくなります)

ただし、お腹周りは腹筋が張り巡らされているので、整体師のように慣れた方以外だと、確認が少し難しい方法でもあります。

毎日お腹を押して胃痛や腰痛が改善・解消するようなら、内臓の機能低下による血行不良なども考えられます。


3、どういう時に痛みが出るか確認する

筋肉は動作を行う際に活動するので、原因が筋肉の腰痛は寝起きや椅子から立ち上がる動作などで痛みが出るのが特徴的です。

内臓の疲れや病気による腰痛を判断しやすい姿勢は、横向きで寝ている姿勢になります。

横向きで寝ている姿勢は、筋肉がもっとも緩んでいる状態になるので、筋肉が原因となって腰に痛みが出るというケースは少ないのです。

ただし、いくら腰に負担の少ない姿勢と言っても、長時間同じ姿勢を取っていれば筋肉自体は固くなりますので、横向きでも腰が痛む事はあります。

腰が痛い時に、横向きになっても変わらない、立ち上がっても座っても変わらないような『姿勢や動作の違いで変化しない腰痛』の場合が、内臓の機能低下を疑う腰痛になります。

前立腺や子宮が原因の腰痛の場合で言えば、動作で痛むのではなく、漠然と骨盤や仙骨周辺に痛みが続く、という状態です。

また、風邪やインフルエンザで高熱が出ている場合も、動作に関係なく腰の痛みが出る場合がありますので、高熱がある場合はそれらを疑う必要もあります。


4、内臓の病気や機能低下と照らし合わせる

たとえば腎臓疾患や機能低下があると、顔や足がむくみやすくなるのが特徴です。

また、腎臓結石などの尿路結石はぎっくり腰とは違った出方で激痛を伴い、腎盂炎や腎炎の場合は高熱と腹痛・背中の痛みを伴うのが特徴です。

アルコールを飲んだ次の日に腰が痛くなりやすいとか足にしびれが出やすいという場合は、肝臓の機能低下も考えられますし、空腹時や食後に胃痛が出やすい場合は、胃の機能低下も考えられます。


筋肉による激痛と内臓による激痛の違い

ぎっくり腰の場合は腰の筋肉に激痛が走り歩けないのが特徴ですが、内臓が原因で腰に激痛が出ている場合は、前屈みになって体を丸める(内臓を縮める)と歩けるケースも多く、歩く事で腰の筋肉自体に激痛が走る感じとは少し異なります。


生理や子宮の病気による女性特有の腰痛

子宮の病気による腰痛の場合は、以前よりも生理痛が強くなったり不正出血が増えたりなど、婦人科系の異常を注意深く意識していると、確認できる場合もあります。


自己判断ではなく病院の受診が第一

ただ、これらも確実な確認方法ではないので、少しでも『この腰痛は内臓疾患かも』と思いましたら、病院で診断を受ける事が何よりも大切です。

病院に行く場合は、外科・内科・整形外科・婦人科、整骨院や整体など、どこに掛かったら良いか分からない場合も少なくないと思います。

腰痛の痛み方による病院選びについても後々お話したいと思いますが、その前に『骨や筋肉症状が原因の腰痛』と『その他の要因から来る腰痛』についてお話させて頂きます。


↑ ページの一番上に戻る

【次】筋肉が原因の腰痛