腰痛治療大辞典【病院で教えない腰の痛みの原因】

腰痛治療大辞典【病院で教えない腰の痛みの原因】

腰痛治療大辞典 > ぎっくり腰の原因と症状 ← 現在のページ

ぎっくり腰とはどういう症状?

ぎっくり腰とは『急性腰痛』と呼ばれる、筋肉の炎症などが原因で『急激に腰へ痛みが起こる症状』になります。

こちらの項目では、3つの大きなカテゴリーでぎっくり腰について説明します。

『ぎっくり腰とは?』のカテゴリー
  • ぎっくり腰の原因と症状
  • ぎっくり腰の治療
  • ぎっくり腰の治し方

早速ですが、ここから数ページに渡って、『ぎっくり腰の原因と症状』についてお話します。

ぎっくり腰の症状とは、『急性腰痛』と呼ばれる急激な腰の痛みを指しますが、その痛みの出方は、大雑把に分類すると『3つの原因』により起こります。

また、ぎっくり腰の『症状の強さ』も、腰痛の度合いに応じて、ざっくりと3つに分ける事ができます。

ぎっくり腰は『症状の原因(痛みの出方)』が3つあり、さらに『症状の強さ』も3つに分かれるので、単純に言うと『ぎっくり腰は9タイプ』に分かれる

次のページ以降『ぎっくり腰の原因と症状』について、『ぎっくり腰の3つの原因』や『症状の強さ』なども含めて詳しくお話します。

『ぎっくり腰の原因と症状』の内容

  • ぎっくり腰の症状
  • ぎっくり腰の原因
  • ぎっくり腰の完治とは?
  • ぎっくり腰と腰痛の症状や原因、治療法の違い

↑ ページの一番上に戻る

【次】ぎっくり腰の症状